_U7M3546

「晩夏の里」

_U7M3546

夏の終わり一面に頭を垂れ色づき始めた稲穂が時折風に波打つ。森の向こうに民家が点在するどこにでも有りそうな田舎の風景である。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です